SQLを習得し、データベースを使いこなそう! 詳細はこちら

非常に、人気の高いLinuxディストリビューション「Fedora 8」
常に、最新の技術が常に盛り込まれています
USB Flashに組み込み、本格的Linuxに挑戦してみませんか

New

  • 動画付き無料メルマガによる、「SQL入門講座」を実施しています。→SQL入門講座
  • 必要なものは
    • USBメモリ(8GB)
    • CDR 1枚
  • 構築の手順は
    • 8GB USBメモリを初期化
    • Fedora8レスキューCDの作成
    • USBメモリにインストール(インターネットから)
    • USBより起動し、初期設定
  • PCの条件
    • USB起動(USBからブート)ができる機能が必要

1 8GB USBメモリを初期化

USBの構成

USBをすべて、ext3に初期化してください。(初期化には、1CDLinux:Knoppixなどを利用してください。)

2 Fedora8レスキューCDの作成

Fedora8レスキューCDイメージをダウンロード

Fedora8レスキューのISOイメージを(http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/releases/8/Fedora/i386/iso/)などからFedora-8-i386-rescuecd.isoをダウンロードしてください。

CDRへ焼く

ダウンロードしたisoイメージをCD焼きこみソフト(CD Manipulatorなど)を使ってCD-Rに焼いてください。(CD Manipulatorによる作成方法を参考)

3 8GB USBメモリにインストール

Fedora8レスキューのCDを、PCにセットし、初期化済みのUSBを差し込み、PCを起動してください

開始画面の一番上を選択してください

言語設定を「Japanese」にしてください

Tabで移動し、カーソルで、選択を移動し、スペースキーで確定してください

内容を確認し、OKを押してください(スペースキー)

キーボードタイプを日本語キーボード「jp106」を選択してください

インストール方法のメニューがでるので、FTPを選択してください

通信条件がでるので、そのままTABで移動しOKを選択してください

FTPのアドレスを設定してください

例
ftp.riken.jp
/Linux/fedora/releases/8/Fedora/i386/os

テストを聞かれるので、SKIP(省略)を選択

開始画面がでるので、「次へ」を押してください(開始画面が出ない場合、FTPのアドレスが間違っていないか、確認してください)

インストールするドライブと、Bootデータの設定してください

インストールの場所は、内蔵HDDのチャックを必ずはずし、USB Flashへチャックをつけてください
Bootの指定をUSB Flashに指定してください

間違えると大切なデータが消えてしまいますまた、Boot先を間違えると、Windowsが起動できなくなるので、十分に注意してください

ネットワークの設定をしてください

タイムゾーンを確認してください

rootのパスワードを設定してください

インストールするソフトウェアをきいてくるので、オフィスとプロダクティビティのチェックをはずしてください

開始画面がでますので、次へを選択してください

「インストールプロセスを開始しています。。。」と表示し、この画面で、しばらく時間がかかります。マウスが正常に動くときは、そのまましばらくお待ちください

しばらくすると、パッケージのインストールが始まります(マウスが動かなくなり、フリーズする場合がまれにあります。この場合、はじめからやり直してください)

インストール完了がでたら、再起動を選択してください

PCが起動したら、ブートの起動をUSBにしてください

「ようこそ」の画面がでたら、ほぼ成功です。次へを選択してください

ライセンスを確認し

ファイアウォールの設定を確認し

SELinuxの設定を確認し

ハードウェアプロフィールを確認し

ユーザーの作成を、ユーザ名とパスワードを設定し

ログイン画面がでたら、先ほど登録した、ユーザ名とパスワードを入力してください

開始画面がでたら成功です

注意(勘どころ)

  • インストールはインターネットに接続されていないといけません
  • インストールの途中「インストールプロセスを開始しています。。」で、時間がかかる場合があります(マウスが正常に動くときはそのまましばらく待ってください)
  • インストールの途中でマウスが動かなくなり、フリーズする場合がまれにあります。USBの初期化からもう一度おこなってください
  • FTPのアドレスが間違っていると、開始画面に移りません。FTP Site NameとFedora Directoryに誤りがないか確認してください
  • PCにより、インストールのはじめでrunning /sbin/loaderで停止する場合があります。インストーラ起動時に、TABを押してnohz=off nolapicを追加し回避することができます
> vmlinuz initrd=initrd.img nohz=off nolapic 

http://drteeth.jugem.jp/?eid=25 からの情報です

リンク

USB Fedoraではじめよう
[ FrontPage ]
トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン