USBにVMwareの環境を構築できれば、各種環境を本体PCにに影響を
あたえず、持ち歩くことができます。

USBで起動する、「Ubuntu 6.10 Desktop」を作成

VMwareを構築

  • USB版Ubuntu6.10を起動する
  • VMwareをダウンロード
# wget http://download3.vmware.com/software/vmplayer/VMware-player-1.0.2-29634.tar.gz
  • VMwareを組込
# tar xzvf VMware-player-1.0.2-29634.tar.gz
# cd vmware-player-distrib/
# ./vmware-install.pl

質問に対して、すべて、デフォルトにてリターンしてください。

# vmplayer

にて、起動できます。

USB-Knoppixではじめよう
[ USBでVMware環境を作成 ]
トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン