USB-KnoppixにFreeStyleWikiを組み込んでみましょう。
USBで、FreeStyleWikiを持ち運ぶことができます。
また、本番サーバの開発用(ステージングサバー)として活用してはいかがでしょうか。
--本サイトは、FreeStyleWikiで構築されています。--

FreeStyleWikiをダウンロード

前準備

  • windowsであらかじめ、ダウンロードした、wiki3_6_2.ZIPを解凍し、フォルダーwiki3_6_2を、c:\tempに格納してください

USB-Knoppixを起動

  • USB-Knoppixを起動してください。
  • 継続的ワークディレクトリーが有効になっているか確認してください。
  • 以下、USB-Knoppixでの操作です。

Apache2設定を行う

# vi /etc/apache2/httpd.conf
ServerName localhost
を、追加

CGI(Perl)を有効にする

# vi /etc/apache2/apache2.conf
(341行目)の#をとる
変更前
#AddHandler cgi-script .cgi
変更後
AddHandler cgi-script .cgi

プログラムを転送し環境構築を行う

# monut /mnt/hda1
# ls /mnt/hda1/temp/wiki3_6_2 (プログラムの存在を確認)
# cp -R /mnt/hda1/temp/wiki3_6_2 /usr/lib/cgi-bin
# cd /usr/lib/cgi-bin/wiki3_6_2
# ./setup.sh

参照データを移動する

# cd /usr/lib/cgi-bin/wiki3_6_2
# cp -R theme /var/www
# vi setup.dat
(28行目、31行目)/var/www/theme参照に指定する
./theme→../../theme
./theme→../../theme

Apache2を起動する

# /etc/init.d/apache2 start

すでに、起動している場合は、一度停止後、再度起動してください。(/etc/apache2/apache2.confの設定を有効にするため)

動作を確認する

ブラウザで起動してください。

https://localhost/cgi-bin/wiki3_6_2/wiki.cgi

FreeStyleWikiを使ってみましょう

簡単な例により、操作を説明します。

サイドメニューをつけてみましょう。新規作成で「Menu」(半角で入力してください)を作成してください。

Menu編集画面になるので、

!!!メニュー
*[[トップ|FrontPage]]
!!!Google
{{google v,25wht,s20}}
!!!アクセス来歴
{{access 5,v}}
since 2006/9/9
!!!日別ベスト5
{{accessdays 5,3}}
!!!検索
{{search v}}

と入力し、保存を押してください。

内容を確認し、トップを押してください。

サイドメニューを確認してください。

同様に、既存画面の編集と、新規画面を追加により拡張することができます。

また、ログインから、admin権限を取得し、管理画面により各種設定が可能です。はじめのIDとパスワードは
ID Pass
admin admin
になっています。

さらに詳しい内容は

ホームページを参考にして下さい。http://fswiki.poi.jp/wiki.cgi

USB-Knoppixではじめよう
[ Wiki(FSWiki) ]
トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン