Sandboxで使用できる
クレジット番号の取得方法をまとみました

手順は

  • ブラウザのクッキー、キャシュをクリアー
  • 開発ページからアカウントを作成
  • Sandbox画面より作成したアカウントで入り属性を有効にする
  • 開発ページでクレジットカード番号と有効期限を確認

となります。

  • ブラウザのクッキー、キャシュをクリアー
PayPayの設定画面では、クッキーを使って、内部で制御をしているようです。
このため、新規に登録したアカウントの情報が、
それ以前のアカウントでの操作に影響を及ぼし、設定が不安定になることがあります。
このため、はじめにクッキー、キャシュをクリアーします。
以下、Chromeのブラウザ場合で、説明します。

右上のChroneの設定をクリックします。

履歴のすべての閲覧を消去を選択し

すべてのデータを削除します。

  • 開発ページからアカウントを作成
開発用のアカウントを作成します。

次に、PayPal開発画面を開きます。

https://developer.paypal.com/

右上のログイン釦を押しログインします。

PayPalの登録してあるEmailとパスワードを入力しログインします。

ログインが完了すると、右上に登録者の名前が表示されます。

「See our new Sandbox」のリンクを押し、Sandbox画面に入るます

右上の

「Create Account」釦で、

テスト用アカウントを新規作成します

国(Japan)タイプ(Personal)を選択し

テスト用のアカウント(メールアドレス、パスワード、名前)を入力します。

メールアドレスは、仮想ですので、実際のメールアドレスにする必要はありません。

名前は、英数字のみで、漢字は不可となります

クレジットのタイプを選択し、「CreateAccount」釦を押して、新規アカウントを作成します

新規アカウントが作成されたことを、確認します

  • Sandbox画面より作成したアカウントで入り属性を有効にする
次に、作成したアカウントの設定を行うために、
日本語のSandbox用の画面を開きます

https://www.sandbox.paypal.com/jp/cgi-bin/webscr?cmd=_account

先ほど作成したアカウントのメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」釦を押します

画面が表示されたら、クレジットカードを使えるようにするために、

状態を「承認を実行する」のリンクを押します

承認を実行の画面より、「続行」を押します

4桁のコードの請求を行い、「マイアカウントに移動」のリンクを押します

右側の通知欄に、「クレジットカードの確認」が表示されるので、リンクを押します

4桁コードが請求されるので、適当な4桁の数字「例:2222」を入力し、「カード確認」釦を押します

認証されたことを確認し、画面を閉じます

  • 開発ページでクレジットカード番号と有効期限を確認
作成したクレジット番号を確認します。

開発用画面に移り

https://developer.paypal.com/

「See our new Sandbox」

より、一覧画面に入ります

開発用画面に移る時に、ログインを要求される場合がありますので

その場合は、メールアドレスとパスワードを入力し、ログインを行なってください。

テスト用のアカウントをクリックすると、下に、サブメニューがでるので

Profileを選択してください

サブ画面が開くので、Fundingタブを選択してください

クレジットカード番号と有効期限が表示されますこの番号がテスト用画面で使用することができます

決済画面で、要求される4桁コードは数字4桁であればなんでも大丈夫です

  • 勘所
    • はじめに、クッキーをクリアする
    • アカウントでの操作は、直接日本語のSandbox用のURLを使う

https://www.sandbox.paypal.com/jp/cgi-bin/webscr?cmd=_account

    • 属性の変更を実施する
    • 属性の変更時の4桁コードは任意の4桁数字でいい
    • 仮想でクレジット決済する時の暗証番号4桁はなんでもいい

これらは、現在での確認のため、今後変わっていくことがあります。

最終更新時間:2013年04月13日 07時16分09秒

PayPalシステムを作ってみよう
[ Sandboxで使えるクレジットコードの取得 ]
トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン