SQLを習得し、データベースを使いこなそう! 詳細はこちら

Ubuntu日本語フォーラムのページに、USBへの新しい組み込み方法が掲示されたので、早速挑戦してみました。

今話題のUbuntu。8GBのUSB(3,200円)で,Vistaのような3D画面を、持ち歩いてみませんか。
「新しい方法」なので、安定しています。最新OSへupdateも可能です。
ブートCDを作成すれば、USBブート非対応のPCでも、使うことができます。

本ページは、Ubuntu日本語フォーラムのページを参考にしています。

New

「Vistaに見切りをつけたMicrosoft」。。。。

  • 必要なものは
    • USBメモリ(8GB)
    • USBメモリ(ISOデータ転送用)
    • CDR 2枚
  • 構築の手順は
    • CD版日本語ubuntuを作成
    • 8GB USBメモリを初期化
    • 8GB USBメモリにインストール
    • ブートCDイメージデータ作成(転送用USBに転送)
    • ブートCDを作成
    • ブートCDと作成USBで起動
USBから起動できるPCなら、ブートCDがなくても、起動できます。
USBメモリだけでなく、USB-HDDでも同じ方法で、組み込みができます。

1 CD版日本語版ubuntuを作成

ISOイメージをダウンロード (ubuntu-ja-7.10-desktop-i386.iso)

Ubuntuのホームページ(http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized/download/)からubuntu-ja-7.10-desktop-i386.isoをダウンロードしてください。

CDRへ焼く

ダウンロードしたisoイメージをCD焼きこみソフト(CD Manipulatorなど)を使ってCD-Rに焼いてください。(CD Manipulatorによる作成方法を参考)

CDより起動し動作確認

できた、CDにより、ubuntuを起動してください(電源を入れなおしてください)

2 8GB USBメモリを初期化

USBの構成

パーテーションは以下のように作成します。

番号 用途 書式 容量
1 rootパーティション ext3 残り
2 swapパーティション swap 800MB

接続デバイス名を確認します。

アプリケーション>アクセサリ>端末で、端末を起動してください 

Ubuntuを立ち上げたあとに、USBメモリ(Flash)を、さしてください。

dfコマンドにより、接続を確認します

$ df

下記の場合はsdf1です。各環境により、異なります。

認識できない場合、Windowsで一度、初期化すると、認識する場合があります。

間違えた場合、大切なデータが消去されますので十分注意してください。

USBメモリを初期化

USBのパーテーションの設定を行う場合、GPartedが非常に便利ですが、すでに、パーテーションが切られている場合、うまくいかない場合があるので、fdiskコマンドで行います。

$ fdisk /dev/sdf

dコマンドにより1〜最終(Selected)まで行います。最後にwコマンドで確定してください。

USBメモリのパーテーションをきる

初期化後GPartedを実施するためにumountしてください。

$ sudo umount /dev/sdf1

GPartedを実行します。

$ sudo gparted /dev/sdf

接続の内容を確認してください。

間違えた場合、大切なデータが消去されますので十分注意してください。

未アロケートを選択し、新規を選択

後ろ空きスペースが800Mbになるように、新しいサイズを設定します。

ファイルシステムをext3に設定します。(rootパーティションの設定)

確保した800Mbをlinux-swap領域とします。

編集を選択し、全ての操作を適用を選択

確認画面に適応を選択してください

3 8GB USBメモリにインストール

インストールをクリックしてください。

インストール画面がでたら[次へ]を選択してください

国時間画面がでたら[次へ]を選択してください

キーボード間画面がでたら[次へ]を選択してください(少し時間がかかります)

ディスクの準備になったら、手動を選択し、進むを選択してください

USB接続デバイスを、選び、[Edit partaition]を選択してください

間違えた場合、大切なデータが消去されますので十分注意してください。

利用方法をEXT3とし、マウントポイントを / として、[OK]を押してください

USB接続デバイスの、フォーマットを選択して、[進む]を押してください

次の画面は[進む]を押してください

名前とログイン、パスワードを入力してください。

忘れると、起動できなくなります。非常に重要です!!

(セキュリティを気にしないのであれば、全て「ubuntu」にすると、忘れる心配はありません。。。。。)

インストール準備完了になったら、[advance]を押してください

ブートローダの指定を、接続名称に、変更し(下記場合は、sdf1) [OK]を押してください

USBへのインストールが始まります。

82%で、外部サーバへの問い合わせをしているようで時間がかかる場合があります

(止まった場合、ブラウザを起動すると、回避してくれる場合があります。。)

インストールが終了したら、[ライブCDを続ける]を選択してください

4 ブートCDイメージデータ作成(転送用USBに転送)

ブートCD作成用のために、ファイルを作成します。

$ gedit boot-hdd.sh

Ubuntu日本語フォーラムのページ http://forum.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=1608

に、記述の、スクリプト(91行)をコピーしてください

エディター画面に貼り付け、保存してください

スクリプトを実行してください

$ sh ./boot-hdd.sh sdf1

ホームデレクトリーにhdd-boot.isoが作成されるので、転送用外部媒体に複写してください。

5 ブートCDを作成

格納された、ファイルをCDRに書き込んでください。書き込まれたCDを入れ、USBを刺してパソコンを起動してください。

システム>設定>キーボードを選択

レイアウト>選択

Japanese 106-key>OK

選択

レイアウトをJapanに

デフォルトを選択し、閉じる

注意(勘どころ)

  • インストールはインターネットに接続されていないといけません
  • インストールの途中(82%)で、時間がかかる場合があります(なぜかブラウザを起動するとうまくいく)
  • Ubuntu7.10で、USBを、認識できない場合、Windowsで一度、初期化すると、認識する場合があります。
  • ブートCDの作成は、USBインストール直後に行ってください。一度電源を切るとできなくなります
  • ブートCDはUSBと1対1です

リンク

USB Ubuntuではじめよう
[ FrontPage ]
トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン