SQLを習得し、データベースを使いこなそう! 詳細はこちら

VMwareを活用して、Linuxに取り組んでみませんか?
最先端のVMwareの技術と、つかいこなされている、Linuxの技術,それぞれのよい部分を有効に活用してみましょう。
VMwareには以下の4つの可能性があります。

■1、VMware環境のLinuxでサーバプログラム開発の効率を向上

  • Linuxサーバの開発のほとんどが、Windowsで行われています。本番移行したら、文字化け、デバッグで苦労していませんか。
    • VMwareでクライアント環境で、Linux環境を構築できれば、文字化けはもちろん、LinuxのEclipseでデバックも可能です。これで、Linuxサーバ対応プログラムが、たのしくつくれます。
クライアントで動作確認してからチェックイン!!

■2、開発環境を凍結できます

  • お客様へ導入した環境、それを保持していくのは、大変です。
    • VMwareでは、開発環境、DBの状態まで、ひとつのファイルに凍結できます。
納入した状態をいつでも簡単に実現できます。
アセット管理により、システムを丸ごとファイルできるので、来歴管理が手軽に、可能となります。

■3、開発環境の移動が可能です

  • 開発間環境をファイル化することで、いつでもでこでも同じ環境が実現可能に
    • VMwareにより、環境はファイル化されるので、USBメモリ、HHDなどで、いつでもどもでも同じ環境で開発が可能です。ビジネスパートナーへの業務依頼、納品時の、納入確認なども効率的に行えます。

■4、Windows環境で手軽にLinuxの環境を体験できます。

  • これまでLinuxに興味を持ってはいたが、なかなか体験することができなかった。
    • VMwareならいますぐ、Linuxを体験することができます。とのかく体験するこのが重要です。
...................................................................................
クライアント環境に、Linux開発環境を構築し、開発環境の改善をはかってみませんか?
...................................................................................

はじめに

 VMwaraは、既存のOS(Windows)で、他のOS(Linux)を、構築するこができます。すべて、フリーで構築することができます。ぜひ挑戦してみてください。

今回、ターゲットのOSとしてubuntu6.10にて説明をおこないますが、ターゲットとなる,OSのイメージデータを入手することで、ユーザの好みのOSの環境を構築することが可能です。

データを準備する

  • 仮想化環境を構築に必要なデータを作成します
    • ディスクイメージの作成
    • ターゲットOSのイメージの準備
    • VMwarae設定ファイルの準備

を行います

Linuxをインスツール

  • 準備したデータからubuntu6.10環境の構築を行います

アプリケーションを組込

  • アプリケーションの組み込みを行います
    • javaの組み込み
    • eclipseの組み込み
    • tomcatの組み込み

を行います。

まず、入り口は、「データを準備する」からです。

VMwareではじめよう
[ FrontPage ]
トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン