SQLを習得し、データベースを使いこなそう! 詳細はこちら

仮想化技術の本命Xen
USBメモリに組み込み、仮想化技術に挑戦してみませんか
  • 必要なものは
    • USBメモリ(16GB)
    • CDR 1枚
  • 構築の手順は
    • 16GB USBメモリにFedora8を組込む
    • Xenのインスツール
    • ゲストOSの組み込み
    • VNCの設定
  • PCの条件
    • USB起動(USBからブート)ができる機能が必要

1 16GB USBメモリにFedora8を組込む

  • 16GB USBメモリを初期化
  • Fedora8レスキューCDイメージをダウンロード
  • CDRへ焼く
  • 16GB USBメモリにインストール

の手順で16GB USBメモリで起動するFedora8を作成してください →「Fedora8の作成(8GB)版を参照」

2 Xenの組み込み

SELinuxを無効にする

 変更するファイル /etc/selinux/config
# gedit /etc/selinux/config
SELINUX=disabled に変更

起動カーネルの設定

変更するファイル /etc/sysconfig/kernel
# gedit /etc/sysconfig/kernel
変更内容  DEFAULTKERNEL=kernel-xen

関連パッケージのインストール

# yum -y install xen kernel-xen

設定が完了したら、再起動を行い、新しいカーネルで立ち上げます

# reboot

3 ゲストOSの作成

  • 関連パッケージのインストール
# yum -y install libxml2-python

TabでOKまで、移動してスペースで選択

Tabで移動してYesをスペースで選択

Tabで移動してNoをスペースで選択

TabでOKまで、移動してスペースで選択

TabでOKまで、移動してスペースで選択

TabでOKまで、移動してスペースで選択

TabでOKまで、移動してスペースで選択

Asia/TokyoをTabで確認して、OKまで移動してスペースで選択

パスワードを2回入力(忘れないように:rootのパスワードになります)パスワードを入力後、TabでOKまで移動してスペースで選択

TabでOKまで、移動してスペースで選択

ログインできれば成功です。

4 vncサーバの設定

  • ゲスト側
    • ゲストOSの起動
    • vncserverのPasswordを設定する
    • 設定ファイルの変更
/etc/sysconfig/vncservers
    • 端末の設定を変える
/root/.vnc/xstartup 
    • vncserverの起動確認
    • ファイヤーウォールの設定
/etc/sysconfig/iptables
    • ゲストOSの再起動
    • ゲストOSのIPアドレスの確認
  • ホスト側
    • 関連パッケージのインストール
# yum -y install vncviewer 
    • VNCクライアントの起動
vncviewer ゲストOSのIPアドレス:1

ゲストOSの起動

ゲストOSインストールのあとであれば、そのまま設定できます。

ゲストOSが終了している場合はホストOSから、ゲストOSを起動してください

# virsh list

内容の確認

# virsh start centos5

しばらくして、ゲストOSが起動してから

# virsh console centos5

コンソールの切り替え

  • 注意:
一度ゲストを終了すると、ホストからの起動ができない場合があります。(バク?)
このような場合は、一度、ホストOSを再起動し
# virsh start centos5
で起動してください。

vncserverの組込と設定

ゲストサーバに、VNCサーバを設定します。

以下はすべて、ゲストOS側で行ってください

# vncserver :1
# Password:
# Verify:

一番初めに起動のとき、Passwordの問合せがあるので、設定してください。(忘れないように)

ユーザの設定を行います

接続端末を変更

ファイヤーウォールの設定

VNCを再起動し、起動を確認

再起動

ゲストOSを再起動してください

#reboot

ゲストOSが停止すると、ホストの端末に自動でもどります

しばらくしてから、再度ゲストOSに接続します

#virsh list
#virsh console centos5
  • 注意:
ゲスト側でのrebootにより、再度コンソールの接続は可能でしたが
一度ゲストを終了すると、ホストからの起動ができない場合があります。(バク?)
このような場合は、一度、ホストOSを再起動し
# virsh start centos5
で起動してください。

ゲストOSでログインしてください

vncserverを再起動してください

ホストOSのIPアドレスを確認

#ifconfig

クライアント側からの接続

ホストOSからVNCで接続

#vncviewer ゲストOSのIPアドレス:1

注意(勘どころ)

  • VNCで接続するには、ゲストOSのファイヤーウォールの設定が必要です
  • 一度、ゲストOSを終了すると、ホストOSからの起動がでない場合があります

リンク

USB Xenではじめよう
[ FrontPage ]
トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン